終身保険はどのように選べば良いのか把握しておこう

「終身保険の選び方が知りたい」
「終身保険のメリットは?」
「メットライフのウェルスデザインの特徴と評判が知りたい」

おすすめの終身保険はどれなのか、どうやって自分に合うものを選べば良いのかわからないと考えている人は多いかもしれません。
一生涯保証が続くものであるため、加入したいと考えている人が非常に多いとみられます。
とは言う一言で言っても多くの商品があることから、どうやって選べば良いのか分からなくなる人は多いはずです。

ウェルスデザイン メットライフ

【宇田先生の解説】初心者でもできるお金を増やす方法について学んでいこう

五月人形を飾る意義

ウェルスデザインのような終身保険を選ぶために

掛け捨て型が貯蓄型家であるかどうか

終身保険を選ぶ上でのポイントに挙げられることとしては、まず最初に掛け捨て型が貯蓄型家であるかどうかです。
主に2つの種類のものがあり、1つが掛け捨て型、そしてもう一つが貯蓄型です。
掛け捨て型は貯蓄機能がない保険であり、支払った保険料は解約したとしても戻ってこないものの、貯蓄型と比べた場合には保険料が安いことが魅力です。
もう一方の貯蓄型は、貯蓄機能を持つ保険であり、掛け捨てと比べると保険料は高いですが、解約の際には解約時期に応じた返戻金を受け取ることが可能です。
保険を使い貯金をしたいと考えるのであれば貯蓄型、そうでない人は掛け捨て型を選ぶのが1番です。
注意しなければならない事は、貯蓄型は保険料支払っているときに解約していると、支払った分の現金の1部しか返ってこないことです。
その一方で保険料の払い込み期間が終わり解約した場合には、支払った保険金以上の金額が戻ってくることがほとんどです。

保険金の額

そして2つ目に挙げられる事は保険金の額です。
終身保険を選ぶにあたり、保険金の額は非常に重要です。
保険を契約した人が死亡、もしくは高度障害に陥った場合には、一定の保険金が支払われるのが1つの特徴です。
これがどの程度必要なのかは、選ぶ際の重要な要素の1つとなります。
自分が死亡した場合に、どの程度お金を残していけば、家族が生活できるのかを基準に金額を設定するようにしましょう。
保険金は金額を設定できるケースがほとんどであり、高く設定すればするほど、保険料が高くなるのが実情です。

解約返戻率

そして3つ目に挙げられる事は解約返戻率と呼ばれるものです。
保険を解約したときにどれだけのお金が戻ってくるのかを表した数値であり、保険料の払い込みを続けるにつれてどんどん上がり、払い込み期間が終わり全てを払い終わると100%以上になります。
解約返戻率が100%以上になるまでの期間が短ければ短いほど良い保険です。
中には払い込み期間中は解約返戻率が低くなるけれども、保険料が安くなる体解約返戻金型終身保険と呼ばれるものもあります。
これらも併せて確認するようにしましょう。

保険料

そして4つ目には保険料が挙げられます。
同じ補償内容であれば、出来る限り金額が低い方がコストパフォーマンスが良いといえます。
毎月支払うものでもあるため、月々支払っても生活に困らないかどうかを確認します。
特にインターネットで全てが完結できるネット保険と呼ばれるものは、保険料は安い傾向にあるでしょう。

保険料の払い込み期間について

最後に保険料の払い込み期間についてです。
払い込みは60歳、70歳などと言うように、一定の年齢に達した時に払い終わるもの、ずっと払い続けるタイプのものがあります。
終身払いと呼ばれるずっと払い続けるタイプのものは比較的保険料が安いものの、老後も払い続けなければならないため、場合によっては負担が増える可能性も考えられるでしょう。
短期払いであれば、保険料は高くなるものの、老後は支払わなくて済むようになります。
払い込みが終わると解約返戻率は大きく上がるので、解約がしやすくなることも1つのメリットと言えるでしょう。

終身保険のメリット

選ぶだけでもこんなにもたくさんの確認ポイントあることがわかります。
正直数が多すぎて1人で選ぶのは大変そうだなぁと考える人も多いことでしょう。
このような場合には、保険相談窓口を利用することが1つの選択肢となります。
費用も無料で国が認めたお金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談することも可能です。

保険料がずっと変わらない

このような終身保険には数多くのメリットがありますが、その1つが保険料がずっと変わらないことです。
歩終身保険と定期保険に保険は大きく分けられますが、このうち定期は10年毎などのように一定期間ごとに更新が行われます。
その時に場合によっては保険料が上がることも多いのです。
このようなことから歳をとればとるほど、保険料の負担は大きくなるのが実情です。
その一方で終身となると、加入の際の金額が一生続くことから、老後に負担が増える心配がなくなります。

貯蓄性がある

そして貯蓄性があることです。
貯蓄型の生命保険を選んだ場合には、生命保険を解約したときに解約返戻金が戻るので、それを使いお金を貯めることもできます。
自分で貯金をするのが難しいと思っている人には特に適しています。
解約返戻金の額は保険料の払いこみ期間中はこれまで支払った保険料の総額よりも低いことが多いものの、払込期間後は解約返戻率が100%を超えるのです。

まとめ

その他にも契約者貸付制度を利用することができたり、葬儀費用を準備できる、相続税対策になるなど多くのメリットがあります。
自分に見合ったものをしっかりと選べるように様々な相談窓口を上手に活用しましょう。