やってよかったフロアコーティング

新築の注文住宅を購入したのがきっかけ

私がフロアコーティングを考えたのは新築の注文住宅を購入したのがきっかけで、同じく新しく住宅を購入した会社の同僚から新築時にフロアコーティングを施工するととてもよいと抽象的な内容でしたが力説されたのがきっかけです。

そこで自分なりにいろいろ調べてみるとそこで分かったのが施工することでワックスと比較すると保護能力が高く、メンテナンスという点で非常に楽だということでした。

しかし、これまでの実家の床のワックスがけを何回も経験していましたが、最近はワックスの種類も多く道具も近くのホームセンターで気軽に購入でき、半年に一回程度時間が空いたとき二、三日掛けて自分で施工できるのでそこまで必要性があるか疑問でしたが新築の家を購入するという一生に一度あるかないかの機会にフロアコーティングについて具体的に調べてみることにしました。

参考:フロアコーティングの施工サービスについて

コーティングの種類

まず最初に調べたのはコーティングの種類で、種類も数種類あり、床の材質や家の構造や日当たりの他、生活様式に合わせて選択する必要があり、それぞれの耐久年数やコーティング後の床の固さや費用などの違いがあり、私の場合は耐用年数も比較的長く施工費用も抑えることができるシリコンフロアコーティングにしました。

このコーティングを選んだ理由は私の家にはペットがおり、室内で飼うことを考えており、この施工をすることで表面に付いた汚れが落としやすく撥水効果が高い点に魅力を感じたからです。

簡単な拭き掃除で綺麗になる

実際に施工して感じたことは木材を使用した床にもかかわらず施工前に思っていた以上に撥水性が高く、床に水分が染み込む心配がなくなり簡単な拭き掃除で綺麗になることです。

また、はじめは主にペット対策としての施工でしたが、実際に生活してみると日常生活の中で子供が外から遊んで帰って来た時の汚れの付着や自分なども床に物を落とす機会が多くありましたが、コーティングをしたことで汚れを簡単に落とすことができ、床に物を落としたときなどのキズにも強く改めてフロアコーティングをしてよかったと感じました。

メンテナンスが楽

そして私自身が床の素材や色合いなどにとてもこだわりをもっており、玄関をはじめ来客時に利用する部屋など見た目をとても重要視しており、施工後に見た目や印象が変化しないかとても心配でしたが、施工前にはツヤや色合いなどきちんと選択することができとても満足できる仕上がりになりました。

現在、施工して三年ほど経ちますが、床の日焼けやなどもなくキズなどにも強く、何よりメンテナンスが楽なので施工してとてもよかったです。