初めてバンコクに赴任するならサービスアパートを利用するのがおススメの理由

ホテルのような清掃サービスやクリーニング、ベッドの理念交換など様々な付帯サービスが付いて、アパートやマンションのように住むことができる「サービスアパート」をご存知ですか?

海外では一般的な滞在用施設として多くの物件が提供されています。

特に海外に月~年でビジネスをしている重罪院などはこのサービスを提供している人が増えてきています。

理由としては海外という文化や商習慣が異なるなかで、ホテルのようなサービスが提供されていることで、不慣れな環境をサポートするため仕事に注力しやすくなるためです。

そこで今回は、経済成長目覚ましいバンコクのサービスアパートの選び方や特徴について紹介していきます。

 

バンコクのサービスアパートの特徴

バンコクのサービスアパートの特徴としては、家賃に水道光熱費や通信費・清掃料などが含まれている点や、キッチンにゃ家具・調理器具などの生活必需品が室内に揃っておりフロントスタッフが在住している点があげられます。

つまり、タイで生活していくために必要なものは基本的に揃っていると考えて問題ありません。

加えてプールや事務、サウナなどの付帯付きサービスを提供している物件もあるのでまさに至れり尽くせりな環境となっています。

 

サービスアパートの費用

次に費用ですが、ラグジュアリーなものから格安なものまで様々な物件を取り揃えているのが特徴です。

サービスのまったく提供していない賃貸物件と比べると少し割高ではありますが、それでも日本円で1室3000円~3万円/日くらいで東京都心で暮らせるレベルの価格帯です。

もちろん安い物件は公共交通機関までの距離が遠かったり、提供するサービスの種類が少なかったりと千差万別ではあるため、予算や会社から支給される補助などとも併せて検討していきましょう。

 

ホテル、サービスアパート、賃貸物件、どれがおすすめ?

また、ホテル、サービスアパート、賃貸物件、どれがおすすめなのかという視点もあります。

一概には言えませんが、1週間以内であればホテル、半年以内であればサービスアパート、半年以上であれば賃貸物件がおすすめです。

理由としては、半年以上暮らすと現地の文化や商習慣にも慣れてくるため、多少安くても自分で対応できるようになるからですまた、賃貸料とは別に敷金に相当するデポジットが発生するケースが多く1週間未満の滞在ならホテルのほうがお得に利用できるケースが多いです。

種類が多すぎてどれを選ぶか悩ましいと思われますが、最近ではそのような物件を集めたサイトや不動産会社が増えてきているので、ぜひ色々比較して検討してみてください。