【松澤氏まとめ】石油の基本と製品化されているメジャー品と燃料の利用情報

「石油に関する最新情報が知りたい」
「松澤弘康氏の経歴が気になる」
「今後ガソリン価格は上がるの?」

石油は燃料として最も基本的なものであり、世界各国で生産されていますが、最も有名な地域は中東諸国です。

正しい判断では海底の奥深くから取り出しているものを石油としていて、地表から取り出しているものを原油と区分されています。

実際にはどちらも同じ成分になるので、一般消費については同様のものと判断することができます。
埋蔵量に限りがあると古くから言われているものですが、諸説あることも事実になり、無尽蔵にあるのでは、という見方も間違いではないとも判断できます。

プロパンガス会社を選ぶ時のポイントは?

松澤弘康氏に聞く石油に関する最新情報

産出量と世界の消費量によって価格の変動が日々変わることも大きな特徴とされており、投資目的の商品としての使い方も行われているので、投資家によって価格変動が起きてしまうことも事実です。
参考/松澤弘康

国内では比較的高めに推移しているのですが、中東諸国では水の方が高価とされているように、価格は地域差が出てしまっていることも事実です。

大型タンカーで輸入をしているものなので、国内では輸送費が莫大に掛かってしまうことの他、税金が課せられているので、税負担の大きな資源としても知られています。

石油を使って製品化されているものも非常に豊富にあり、例えばビニール関連の商品やプラスチック製品、ゴム製品や塩ビ管など配管類まで販売されています。

工業製品として利用されているものの他にも身近な生活で何気なく利用している商品も数多くあり、今では欠かすことのできない資源になります。

プラ製のコップやペットボトル、タイヤや断熱材などは非常に有名な商品です。

燃料として有名なガソリンは日々価格変動している

一方で燃料としての使われ方も欠かせないものになります。

石油から生成される燃料は複数あり、ガソリンや灯油、軽油や重油などが主に該当しています。

工業関連では軽油や重油などを活用する場面が多いのですが、一般的な人であればガソリンと灯油、軽油が身近なものと判断できます。

既に多くの方々が認識しているように、自動車を所有しているとガソリンを消費していて、ディーゼルエンジンの自動車は軽油を消費しています。

住宅関連では灯油を利用している場合も多く、全てが別々の生成方法によって製造されている貴重な資源です。

自動車で給油するガソリンは常に注目されている内容でもあり、毎週にわたって価格変動の額面が発表されています。

国内ではガソリン税が課税されているので、結構な価格で推移していて、単価が高くなってしまうと打撃を受けてしまう方や、法人も沢山存在しています。

これまで数回にわたってガソリン価格がリッター当たり150円以上を突破した経歴があり、一般市民はできるだけ自動車に乗らない生活を送ったりすることも珍しいことではありません。

法人の場合は営業車や配送車両を有いていることになり、この仕事の場合は自動車に乗らないということは無理なことなので、経営に大きな影響を与えてしまうという問題も浮上しています。

実際に輸送工ストを下げるアイデアなども模索されていて、効率良く運送できるように業界全体の知恵を発揮していることも事実です。
自動車関連においては、できるだけ燃料を消費しない方向に向かっている状態です。

ハイブリッド車や電気自動車などが該当していて、少ないガソリン消費や、そもそもガソリンを使わずに走行できる自動車の開発が進められています。

日々消費している燃料は生活に欠かせない

このことから、将来的には自動車関連で燃料を消費する量が格段に減るのでは?と考えられますが、この内容にも諸説あり、実際にはガソリンを用いた自動車台数は世界的に見ると増加しているので、何とも言えないという状態です。

国内ではかなりの消費量を抑えられることは想定できますが、世界的な規模ではそうではないかもしれません。

住宅関連で必須な灯油については、ボイラーや給湯器、ストーブなどで消費していることが一般的です。

住宅の敷地内に灯油用のタンクを設置してタンクから室内側に灯油管をつなげて供給しているものですが、こちらもガソリンと同じように必需品です。

特に寒冷地の場合は冬期間の消費量がかなり高くなることでも有名で、国内を例にすると北海道で営業をしている会社の場合は、冬期間に灯油代がかなり掛かってしまうので、いわゆる寒冷地手当を支給していることも珍しくありません。

勿論、ガソリンと同じように節約をしながら使っている住宅も沢山ありますが、お風呂に入るような際にも灯油式ボイラーでは沢山の量を消費してしまいます。

近年では寒冷地を主にして危険な道路に対してはロードヒーティングの施工を行っている場所が沢山あります。

急な坂道に設置したり、一般家庭でも敷地内に設置していることも目立つようになり、古い時代には無かった使われ方もされています。

まとめ

安全性を配慮した使われ方や、除雪作業を継続することができなくなった高齢者宅でも利便性を求めた使い方を行っていることになり、このような消費については将来的な視野で考えてみると、消費量のアップは避けることが難しいかもしれません。

いずれにしても何かと節約志向は高まっており、貴重とされる石油でも例外ではないので、消費量を抑える生活を送ることは自然界にとっても良い影響をもたらすのではないでしょうか。