jメールは異性と出会えるサイト

jメールは異性と出会える可能性の高いサイトで、20代後半~30代前半のユーザーが多いです。

出会い系サイトでは登録者数が重要で、これが多いほど好みの異性と出会う確率がアップします。

jメールの登録者数は600万人と、他の有名出会い系サービスの100万人や200万人と比べると非常に多いことが分かります。

サービスが開始してから18年経過しており、600万人という数字は累計です。

よって数年前に登録して現在は使っていないユーザーもいます。

しかし多くの人は登録者数が600万人もいるという広告を見れば、皆が登録しているから自分もやってみようと考えます。

 

本名や身分証明の提示を行う必要なし!

実績を長年積み重ねてきたことで、jメールはアクティブユーザーの確保を可能にしています。

登録する時は本名や電話番号の入力、身分証明の提示を行う必要がありません。

最近の出会い系サイトに見られるSNSとの連携も不要なので、気軽に登録できるメリットもあります。

顔写真を載せないユーザーも珍しくないため、身バレはしたくないけれど出会いを求めている人が多く集まっています。

もちろん本格的に異性からアピールをもらおうとすれば顔を公開する方が有利ですが、スタンプで一部を隠したりぼかしたりするのが一般的になっており身バレの可能性が低いです。

jメールは課金を絶対に必要とするものではなく、登録の他にメールの受信やユーザー検索、プロフィールの編集にお金はかかりません。

課金して得るポイントを消費するのは掲示板を利用する時がメインとなります。

掲示板に書き込むことを「メッセージの投稿」と呼び、1日1回までは無料です。

1日1回で効果的なメッセージを投稿できれば、課金不要で異性を惹きつけることも不可能ではありません。

2回以上投稿したい場合、その度に5ポイントを消費します。

 

ピュア掲示板とアダルト掲示板について

このサイトでは真面目な恋愛と大人の恋愛を区別して扱っており、真剣な交際ができる恋人を探しているユーザーがワンナイトの出会いに利用されることはありません。

区別する方法は掲示板で、ピュア掲示板とアダルト掲示板が存在します。

ピュア掲示板はさらに4つに分けられ、恋人や友達を募集するものや今から遊べる人を探すもの、40代~60代に人気のミドルエイジ、全国友達探しとなっています。

友達から少しずつ距離を縮めていきたい場合や単純に友達を探しているならばピュア掲示板を利用すると効果的です。

メインターゲットは20代後半~30代前半ですが、中年ユーザーも登録しており集まる場所を用意しておくことで熟女との出会いも効率よくなっています。

ピュア掲示板では下心がたっぷりの的外れな投稿をするユーザーは人気が出ません。

異性から相手にされないため不適切な投稿をしなくなり、皆が目的に応じて快適に使える環境が整っています。

出会い系初心者にもおすすめできるのも、登録者数を増やす要因です。

 

サクラや業者と一般ユーザーを見分ける方法

反対に大人の割り切った関係を求めるユーザーも満足させられるように、アダルト掲示板が用意されています。

肉体関係を求め、人妻やアブノーマルな趣味を持つ人との出会いを期待できます。

jメールに関して否定的な意見を持つ人の多くが、アダルト掲示板でサクラや業者に騙されることを懸念しています。

不特定多数が利用できるオープンなサイトなので、騙す目的で登録するユーザーがいないわけではありません。

どの出会い系サイトでもサクラや業者と一般ユーザーを見分ける力が大切です。

見分けるポイントはとてもシンプルで、冷静にプロフィールや掲示板への投稿を見れば騙されるリスクは大幅に減少します。

出会い系サイトを使わずに普通に恋愛をするのと同じ程度のリスクになるので、心配せずに利用しましょう。

サクラや業者に共通しているのは、すぐに会えることを強調することです。

どんなに性に開放的で大人の出会いを積極的に求める女性でも、知らない男性とホテルに行くことはありません。

掲示板でユーザーを探し何回かメールのやり取りをして、気に入った男性を誘います。

よって何の苦労もなく手軽に会えそうな女性ユーザーは警戒しましょう。

 

まとめ

男性がとにかく会ってホテルに行きたいと考えているのをよく知っている業者の可能性が高いです。

業者はユーザーの弱い部分を攻めてくるので、嘘のように上手く運んでいる時は疑います。

男性が女性にメールを送る時に7ポイントが消費されるため、気になる女性ユーザーを見つけたらメッセージの投稿やプロフィールを確認して見極めてからアプローチをかけるか決めます。

最近は業者ではなく、パパ活をしたがっている女性が増えてきました。

パパ活では肉体関係にはなれないため、アダルト掲示板を利用する男性ユーザーの期待を裏切ることになります。

一般ユーザーとほとんど変わらないやり取りをしてきますが、お金の援助を持ち出した時点で交流をやめましょう。

jメールは上手く使えば、消費ポイントを抑えつつ真面目な出会いから大人の恋愛までを網羅できます。