医学部合格を目指すためのポイントを富士学院が解説

(1)効率的な受験勉強をするために参考にしたい事

医学部合格を目指すのであれば、早い段階で計画を立てたり実行に移すことが大切です。

勉強の中心になる塾は、高校1年生から通い始めることが、ゴールを目指す上でのポイントとなります。

何時から塾に通い始めるか、どの塾を選ぶかという問題は、誰にとっても重要なことです。

高校1年生で塾に通い始めるメリットは、学校と両立するペースが掴みやすく、勉強のコツが早く分かる点にあります。

 また、一足先にゴールを目指すスタートを切ることで、気持ちに余裕が生まれたり自信が身につきます。 

塾選びは早い方が比較、検討の時間を確保しやすいので、早めに検討を始めて入塾先を決めることが肝心です。

高校1年生を挑戦のスタート地点に設定する、そう決めておくことで何時塾に通い始めるか迷わずに済みます。

次に大切なのは塾選びで、通いやすさや学びやすさに、富士学院など医学部受験に役立つ勉強ができるか否かが要点です。

通いやすさ、つまりアクセス性は思いの外重要度が高く、交通に時間が掛かるようでは勉強の効率に影響します。

更に、身体的な負担が大きくなりますから、行き来に時間が掛かる塾は避けた方が良いでしょう。

そうなると、必然的に塾の検討候補は絞り込めますし、範囲を決めて比較することが可能となります。

(2)受験勉強へのリズムづくりのポイント

もう1つのポイント学びやすさは、カリキュラムが自分に合っているか、気軽に質問できる雰囲気があるかなど、こちらも大事なポイントです。

塾に入る目的は、学校の他でも効率良く勉強して、最終的なゴールを目指すことです。

そのため、アクセス性と同様に快適に学べること、疑問を解消できる質問のしやすさなどが問われます。

受験とゴールを目指すための塾はやはり、合格実績がどれだけあるかが無視することのできない部分です。

大学名と数字をあげて具体的な実績を出している塾は、それだけ自信が合って入塾の検討に値するということです。

いわゆる自習室の充実も大切な部分で、自分の好きな時に集中して自習できるか、これが塾の価値を左右します。

自習は学んだことを復習したり、これから出てくる問題を予習するのに役立ちます。

自宅や学校でも自習に取り組めなくはありませんが、医学部合格を目指す塾で勉強できるなら、その方が快適なのはいうまでもないでしょう。

塾に通い始めると、学校の勉強はそれなりで良いと思いがちですが、実は学校で学ぶ基礎こそが重要です。

自習などを重視する場合、学校では眠くなってしまったり、授業の内容が頭に入らないことがあります。

しかし、これは授業を受けるチャンスを逃しているのと同義で、後悔してしまう可能性があることを意味します。

学校で基礎を身につけつつ塾で医学部合格に向けて勉強する、その両立ができると効率的に成長できます。

勉強はリズムも大切ですから、自習をする日を決めておいて、必ず取り組むようにすると生活にメリハリがつきます。

メリハリがあるとダラダラしにくくなりますし、気持ちの切り替えが上手くいくので、勉強のペースが守れるというわけです。

学校で基礎を固めて塾や自習で応用力を磨く、この連携が難しい挑戦に向けた準備となります。

(3)生活の仕方や時間管理も受験計画には必要

受験は自分との戦いですが、周りとの競争でもありますから、出遅れないよう注意する必要があります。

油断は歩みを遅らせる切っ掛けになるので、マラソンのイメージでリズムをキープしながらゴールを目指したいところです。

目標が大きいと挑戦を難しく感じますが、目標を小さく区切って目指せば、現実的に挑戦できる自信が湧いてくるはずです。

医学部受験に挑戦するとはいっても、部活と両立することは不可能ではありませんし、好きなことに取り組みながら合格を目指せます。

部活との両立のコツは、綿密な計画を立てて実行を行い、そして続けることが決め手となります。

計画は無理に詰め込むのではなく、実現可能なことを前提に上手く組み込み形にすることが必要です。

部活は一種の気分転換になり得るので、両立を諦めるよりも挑戦してみるのが得策です。

勿論、受験勉強に舵を切って一本化するのもありですが、勉強漬けだと行き詰まってしまうのも確かです。

医学部の挑戦は計画性だけでなく、意欲を保つ生活習慣もまた大事です。

夜更かしは翌日の集中力を切らし、勉強の効率を大きく落としてしまいますから、就寝時間を決めたら必ず守りましょう。

食事は1日3食バランス良く食べることが必要で、特に朝ごはんは1日の燃料となる大切なエネルギー源です。

脳の栄養糖分の摂取は、勉強の合間のおやつで行えますが、食べ過ぎると眠気がやってくるので要注意です。

本気で合格を目指すなら、脳のパフォーマンスを最大限に引き出す、睡眠も軽視することはできないです。

最適な睡眠時間は人それぞれ違いますが、少なくとも4、5時間で十分という人はあまりいないと考えられます。

睡眠不足は後々響いてくるので、自分に必要な睡眠の長さを確認したら、それを毎日必ず守ることがパフォーマンスの最大化に繋がります。

受験は本番が重要ですが、勉強という挑戦はそれ以前に始まり長期戦になるので、早めに計画を立てペースを身につけるのが理想的です。