商品作りを行う際には版権の問題をクリアすることが必要

商品として世間に販売するような時には、商品のジャンルを問わずにオリジナル品であれば何ら問題はありません。
ところが販売能力を高めるために既に製作されたデザインや文章などを用いることを希望するのであれば、著作権と同様に版権の問題が浮上してしまうので、無断使用をしてはならない法律があります。

版権を持つ所有者側から許可を取ることが必要とされる

法律を逸脱して勝手に製作者の許可を取らずに商品化してしまった場合は、被害者からの提訴によって賠償金を支払う義務があると同時に、会社であればニュース番組に取り上げられてしまうと会社のイメージは悪化してしまいます。
問題を解決するには版権を持つ所有者側から許可を取ることが必要とされるので、個人の権利者であれば個人へと相談をする方法、所属先の企業があれば該当する企業に出向いて相談をする方法が一般的に行われています。
許可を取得することが出来た場合でも最初の取り決めの際に条件設定がある可能性も非常に高いので、どのような商品にデザインやイラストを用いても大丈夫ということではありません。

用途次第では危険性があるアイテムの場合では許可が下りない可能性も・・

例えばお子さんに人気のキャラクターアニメなどは非常に数多くありますが、このキャラクターをデザインとしてお菓子や雑貨などに用いる範囲であれば許可を取ることは難しいことではありませんが、大人が使う性的なアイテムや同じように用途次第では危険性があるようなアイテムの場合では許可が下りない可能性は高まります。
よって相談をして話し合いをする場面では、通常では会社側が商品のサンプルなどを持ち込んで、デザインを施す場所やサイズ、デザイン全般のアレンジなどを双方が納得した上で許可が下りることになるので、勝手に別の商品に流用すると問題は生じます。
取り決めにおいては双方にとってメリットを感じられるように契約書を交わす方法も一般的なので、許可を取るには版権使用料を支払う数字まで細かな取り決めを十分に済ませておくことは鉄則です。
アニメ系などは非常に多い傾向にあり、実際に有名な菓子メーカーが採用していることは小売店を見ても直ぐに判断できます。

まとめ

その背景にはウィンウィンの関係があってこそ実現可能なことなので、自社だけの利益のためにだけ使用することは難しいことは現実です。
版権を利用した結果、商品の売り上げが向上することは非常に多いので、使用料と販売する商品の単価や予測される売上高も十分に検討した上で商品作りを行うことはキャラクターのイメージアップにもつながるのでメリットは豊富ではないでしょうか。

版権 売買