iPhoneの画面修理をするときの時間やお金

iPhoneを所有している人は、それを利用することで生活が便利になる一方で様々な問題を乗り越えなければいけません。
iPhoneの問題点は、修理をしなければならない場面が多いことです。
例えば、画面が割れた場合などがこれに該当します。
画面修理をする場合には、自力で行う事はとても難しいでしょう。
多くの場合、自力で行ってもうまくいかないか元通りに戻せない可能性が高いです。
場合によっては、最初の状態よりもさらに壊してしまい結局業者に任せるしかなくなります。
それならば最初から、専門の業者に任せておいた方が良いといえます。

画面修理とは

iPhone修理をする場面に於いて、よくあり得るのは画面修理になります。
画面修理とは、画面が何らかの理由でおかしくなっている事です。
画面がおかしくなっているきっかけの1つは、落としてしまった場合でしょう。
普段からポケットなどに入れている人は、うっかり落としてしまうケースがあります。
ズボンやスカートのポケットなどに入れておいてもなかなか落とさないですが、胸ポケットに入れている場合前かがみになったときにうっかり落下してしまうことがあるわけです。
しかも場所がコンクリートだと、いくら保護フィルムなどを貼っていたとしてもヒビが入ってしまうケースがあります。
また、ひび割れ防止のケースなどを入れても、落としどころが悪ければそれがきっかけで日々追われてしまい画面の修理をしなければなりません。

ひび割れの原因

ひび割れの原因は、1カ所に力を集中することです。
意外かもしれませんが、画面から落としてもまずはれる事はありません。
なぜなら、力が分散するからです。
しかし割れやすいのは角から落とした場合です。
この場合1カ所に力を集中してしまうため、そこからヒビが発生している可能性が高くなります。
そして、正面から落とすよりも角から落とすケースの方が多いためわれる可能性も高まります。
これを対策するためには、胸ポケットなど入れないことや、リンクなどをつけておき指から離れないようにすることが重要です。
画面修理をする場合でも、表面のガラスだけ破れているケースもあれば中身の液晶まで壊れていることもあります。
さらに液晶の中のチップの部分まで故障してしまっていることもあるかもしれません。
チップが故障する理由は、衝撃によるものです。
精密機械の為、いくら衝撃に強くなったといえどもやはり大きな衝撃には耐え得ることができないのがiPhoneの特徴と言えるかもしれません。
これから先ショックでも問題ないチップなどが出てくれば良いですが、それまでの間はなるべくコンクリートなどの硬いところに落とさないようにしましょう。

画面が割れている場合のiPhone修理にかかる時間

画面が割れている場合のiPhone修理ですが、それほど時間はかからないだけでなく、お金もあまりかかりません。
一般的に時間は30分程度とされています。

ただこの時間に関しては、修理をする人の腕前とあとお店の混み具合によっても変わってきます。 例えば修理する人がベテランならば20分程度で終わらせることも可能です。【京都市中京区 Y.M様】全面大破して動かくなったiPhone11Proの修理事例とお客様の感想 – スマートドクタープロ京都河原町店
中には10分程度で終わらせることができる人もいるようですが、そのような人に遭遇する可能性は少ないです。
やはり30分ぐらいはかかるものと考えておかなければいけません。
お客さんが多い場合も、時間がかかる可能性があります。
修理がスタートすればそれほど時間はかかりませんが、待ち時間が長くなってしまいその時間を無駄に感じる事になるかもしれません。
そのためには、予約制のところに行っておくことが重要です。

画面が割れているだけならば10,000円以内で収まる

前のお客さんの作業にとりかかった場合にメールなどで知らせてくれますが、そもそもiPhoneが壊れている場合はパソコンやタブレットを使う場合を除いてメール自体を受けることことができないため、やはりお店に入るのが1番確実と言えるかもしれません。
修理の料金は、画面が割れているだけならば10,000円以内で収まるでしょう。
ところが打ち所が悪く、液晶まで壊れてしまっていることもあります。
液晶まで壊れている場合には30,000円以上のお金がかかると考えておきましょう。
場合によっては40,000円位のお金がかかるかもしれません。
ちなみに、画面が割れている場合と液晶が割れている場合の違いは、完全に画像や文字が見られなくなってしまった場合には液晶まで壊れていると判断すれば良いです。
しかし、画面にヒビが入っているけども今まで通り使うことができればそれはガラスが割れているだけです。
チップが壊れてしまっている場合も考えられます。
チップが壊れてしまっている場合には、そもそも電源自体がつかない可能性あるわけです。

まとめ

電源がついたとしても、全く画面に何も映らないため液晶が壊れている場合に似ていますが、修理料金はチップが壊れている場合の方が高くなる傾向があります。
そもそも中身が壊れている以上は、液晶が壊れている可能性が高く、全部で50,000円以上の費用がかかることもあります。
そうすると、契約の縛りなどがなければ替えや機種変更などをした方が良いかもしれません。