畑恵による基礎化粧品の説明と必要性

基礎化粧品とはメイク用の化粧品と対になる化粧品類の事を指します。

主にクレンジング、洗顔料、化粧水や乳液さらには美容液などがこの化粧品類に含まれます。

効果としては化粧の基礎となる肌の調子を整え、メイクアップ化粧品の効果を最大限に引き出す働きがあります。

基礎化粧品はベージュや白、透明の色をしたものが多く地味ですが、普段から利用する事により肌の調子を良好な状態に保つ事が可能です。

人間の肌はある程度の修復力を持ってはいますが紫外線などによる老化は、年月を重ねるにつれてダメージが蓄積してゆきます。

ダメージが蓄積していった結果、見た目の美しさを損なうシミやソバカスが発生しやすくなります。

このダメージを軽減するためにも基礎化粧品は欠かすことができません。

この基礎化粧品ですがどの商品を使えば良いか決まっている訳ではなく、自分の肌のタイプに合わせて商品を選択する必要があります。

例えば肌に油分が多く出る体質の人であれば、単に油が多く出やすい体質なのか肌の水分が少ないために油が目立つ体質なのかを知る必要があります。

体質により最良のケア方法が違うため、右も左もわからないといった人は、デパートやショッピングセンターの美容コーナーの店員に相談してみる事をお勧めします。

自分に最適だと思われるケア用品を手に入れた後は、手入れをするタイミングが重要になります。

化粧水や乳液、クリームは睡眠前や風呂あがりに行う事が望ましいとされています。

これは風呂上りには肌に適度な水分が含まれており毛穴も開いている事から化、粧水の浸透が早く進む事や、睡眠中は日中の肌のダメージを回復する時間帯でもあるため、肌に栄養を送る事により効果が期待できるからです。

次に日焼け止めですがこれは外出前やメイクアップの前に使用する事が望ましいとされています。

この理由としては日焼け止めは日中の紫外線のダメージをやわらげる効果があるため、日の下にでる直前に使用する事により効果が最大限に発揮されるからです。

引用:畑恵 フェイスブック