増田氏のようなエンジェル投資家になるためには

エンジェル投資家とは、未上場の企業に対しての投資を行う投資家のことです。
一般的に投資と言えば、株式市場に上場している企業に対して行うのが基本で、証券会社を通して株式取引を行うことで誰でも簡単に投資することができます。
そのような中で、未上場の企業に対して行う投資ですが、個人が企業に対して直接出資を行うのが特徴です。
企業側からすれば、事業をより盛り上げていくためには資金が必要であり、そのための資金調達の手段の一つとしてエンジェル投資家による出資があるということです。
そして、投資家たちが未上場の企業に対して出資を行った際の見返りですが、一般的にはその企業の株式もしくは債券を受け取ることが多くあります。

クラウドファンディングで小額からの投資が可能

これまで、エンジェル投資を行うためには最低でも百万単位での資金が必要でした。
よって投資家は必然的に、資産家やゆとりのある経営者などがほとんどでした。
ところが最近では、新たに「クラウドファンディングサービス」が現れ始め、普及するに伴い小額からの投資が可能となりました。
出資のために百万単位の資金を必要とすることがないため、一般の投資家でも手軽にエンジェル投資が行えるようになったのです。
少額の資金であっても、複数人が出資することで企業が必要とするだけの資金が得られるようになります。

実際にエンジェル投資を行う場合の方法

実際にエンジェル投資を行う場合の方法ですが、前述したクラウドファンディングサービスを利用する方法と、もう一つ投資家マッチングサービスを利用する方法があります。

マッチングサービスを利用する場合

マッチングサービスというのは、未上場の企業を応援したい投資家と、資金を必要とする企業を結び付けるためのサービスです。
専用サイトに登録することで、簡単に応援したい企業を見つけることができます。
また、マッチング後も、出資額やそれに対しての見返りの方法などを相互で話し合い、最善の形を見つける機会があります。
これからエンジェル投資家を目指したい方にとって、使い勝手の良いサービスだと言えるでしょう。
ただしマッチングサービスの場合、ほとんどは最低金額100万円からの出資となっています。
よって、より少額で投資したい人にとっては、資金面から利用が厳しくなりがちです。

クラウドファンディングサービスを利用する場合

一方でクラウドファンディングサービスの利用ですが、こちらは一人の投資家が出資するのではなく、一つの企業に対して複数人の投資家が出資するシステムです。
そのため、例えば10万円程度の少ない金額からの出資も行えます。
出資の見返りとして、非上場企業の株式をもらえる点も特徴です。

エンジェル投資で利益を上げる仕組み

以上のようにしてエンジェル投資を行うことができますが、この投資方法で利益を上げる仕組みとしては、株式を受け取った際、後にその企業が大きな成長を見せた場合に大きなリターンが得られるということです。
ちなみに、見返りの方法は株式だけでなく、他にもさまざまな種類があります。
特に、マッチングサービスを利用した場合は相互で話し合いながらリターンの方法を決められることから、債券を受け取ったり、毎月の売上の数%をもらったり、一定期間ごとに特定の額をもらったりと、好きな方法を交渉できます。
利用するエンジェル投資のサービスと状況に合わせて、最適な方法を選ぶと良いでしょう。

税制面の優遇

そしてもう一つ、エンジェル投資のメリットとして税制面の優遇が挙げられます。
これはすべてのケースに該当するわけではありませんが、投資家と企業のそれぞれが一定の条件をクリアすることにより、「エンジェル税制」を受けることができます。
「エンジェル税制」はベンチャー企業への投資促進を目指して国が行っている制度であり、出資した個人投資家が税制上の優遇を受けられる制度です。
自分が制度の対象となるかどうかを確認しておくと安心です。

エンジェル投資のデメリット

もちろん、エンジェル投資にはデメリットもあります。
その最大のデメリットともいえるのが、利益が出るまでに時間がかかることや、それなりのリスクの高さがあることです。
エンジェル投資の場合、投資先の企業が成長してからでないと大きなリターンを得ることはできません。
そのことから、出資金以上のリターンが得られるまでに何十年もかかるケースがあります。
さらには、出資先の企業が倒産や廃業してしまうこともあります。
中小企業庁が公開しているデータによると、中小企業が5年間生存できる確率はおよそ40%程度とされており、起業しても6割は5年以内に消えてしまうことが分かります。
このことを考えると、エンジェル投資を行った企業が消えてしまうリスクはかなり高いと言えるでしょう。

まとめ

以上が、エンジェル投資とそれを行う投資家についての詳細です。
エンジェル投資には一長一短があるため、それらをきちんと理解したうえで投資を行うことが大切です。
ハイリスク・ハイリターンな投資であることを念頭におきましょう。
ゆえに、いかに将来性のある企業を見極めるかがとても重要です。
増田裕介氏も言ってますが、中級者から上級者向けの投資と言えます。

増田裕介